通信取引「ゆたかコール」

手数料

取引の種類 手数料 下限 上限
株式 約定代金×0.54% 2,700円 81,000円
転換社債 約定代金×0.54% - 81,000円
その他 当社規定による

(消費税込み)

注文時間

お電話 : 8:00〜17:30(土日祝日は除く)土日祝日は受付できません。
FAX : 24時間(土日祝日も受け付けます)

取扱商品

株式(東証・名証)の現物取引と信用取引
転換社債、外貨建て債券、外国株、オプション(225・TOPIX)買、投資信託、中国F、MMF、MRF

注文期限

当日注文、週中注文がございます。

注文方法

お電話 : 注文専用のフリーコール(携帯・PHS、可)よりご注文いただきます。
FAX : 注文専用用紙でご注文いただきます。

【注文時のご注意】
  • 買付注文:買付余力の範囲内(完全前受制)
    ・買付余力とは(注文単価×株数)+手数料相当額
    ・注文単価が成行の場合は、ストップ高での計算となります。
  • 売付注文:預り証券の範囲内(完全前受制)
  • 電話・FAX番号は口座開設時にお知らせいたします。
  • FAX注文用紙は、別途ご請求ください。

口座開設

下記ボタンより最寄の店舗にお問い合わせください。

店舗

口座開設の詳細

ゆたかコールの口座開設

信用取引について

1. 信用取引ご利用にあたって

お客様は、以下の要件をすべて満たし、かつ、当社がそれを承諾した場合に限り、信用取引をご利用いただけます。なお、審査により信用口座開設ができない場合の理由につきましては開示しないものとします。

  1. 信用取引を開始される前に、「信用取引に関する説明書」及び「信用取引口座設定約諾書」を必ずお読みいただき、内容を十分把握していること。
  2. 信用取引は自己資金の範囲を超えて取引を行いますので、大きな利益が期待できる反面、損失も大きくなるというリスクがあることを十分理解し、また信用取引の仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行っていただくこと。
  3. 次に掲げる取引開始基準を満たしていること。
    1. 投資経験が1年以上又は、信用取引の経験があること。
    2. 投資資金に余裕があること。
    3. 金融商品取引法等の法令を遵守していただくこと。

2. 取扱銘柄

東京・名古屋の各金融商品取引所に上場する制度信用銘柄がご利用いただけます。

3. 建玉制限

  1. 建玉残高は、5億円を上限といたします。
  2. 金融商品取引所又は証券金融会社が、規制措置(増し担保、値幅制限等)を発表した銘柄及び当社が指定した銘柄の新規建ては出来ません。

4. 委託保証金

ご利用できる代用有価証券、及びその保証金換算率(掛け目)は以下のとおりとします。掛け目は、金融商品取引所等における変更があった場合、当社の掛け目も変更されますので、予めご承知ください。

  1. 金融商品取引所上場株券・・・・80%
  2. 金融商品取引所上場国債・・・・95%
  3. 金融証券取引所上場転換社債・・80%

5. 委託保証金預託率

  1. 委託保証金預託率は、35%とします。35%未満となった場合は、新規建株ができません。また、保証金からの預り金への振替、及び出金もできません。
  2. 委託保証金維持率は、30%とします。30%を下回った場合は、翌々営業日の正午までに委託保証金預託率が35%以上に戻るまでの追加保証金を差し入れるものと いたします。
  3. 二階建て取引(信用の買建玉の銘柄に代用有価証券の銘柄と同一銘柄が含まれる状態)には次の制限がございます。
    • 二階建てに該当するとき、代用担保割合が70%を超える銘柄の信用新規買建て注文及び約定すると代用担保割合が70%を超える銘柄の信用新規買建て注文はお受けできません。
    • 品受等で代用担保割合が70%を超える有価証券については保護預りとなります。
  4. 前項の規定にも関わらず、追加保証金が差し入れられなかった場合、又は委託保証金預託率が、20%未満となった場合は、当社はお客様に通知することなく、お客様の信用建玉をお客様の計算により委託保証金預託率が35%以上に戻るまで任意に反対売買することができ、その際、不足が生じた場合は、お客様の代用有価証券をお客様の計算により任意に処分し、それを適時債務の弁済に充当することができるものとします。その結果なお残債務がある場合は、お客様は当社に対して速やかに残債務の返済を行うものとします。

6. 決済方法

建玉の決済は、反対売買か現引き又は現渡しにて行います。同一銘柄が複数ある場合の決済は、建玉時期の古い順に行われます。金融証券取引所、又は証券金融会社の規制により、現引きが出来ない場合は、反対売買にて決済するものとします。

7. 決済期日

建玉は、最終決済日の前営業日までに決済するものとします。決済されなかった建玉は、最終決済日にお客様の計算により当該建玉を任意に反対売買できるものとします。これにより発生した債務はお客様に帰属します。

8. その他

信用取引金利は、当社が定めるものとします。また、当規定及び法令・諸規則等に違反した場合は、信用取引の利用を停止できるものとします。また、それによりお客様に損失が生じても、当社は一切の責を負わないものとします。

ページトップへ