活用例 日経225オプション取引

日経225オプション取引とは

特定の期日に定められた価格で日経平均株価を売買する権利(オプション)を取引することです。

特定の期日を満期(SQ)日と呼び、毎月第2金曜日(祝祭日の場合前営業日)となります。定められた価格は権利行使価格と呼ばれます。 取引最終日(SQ日の前営業日)までに反対売買を行わない場合はSQ値(満期日において日経平均株価個別銘柄の始値を元に算出される指数)によって決済されます。
また、権利(オプション)の価格はプレミアム(オプション料)といいます。

ご参考:大阪証券取引所ホームページ

日経225先物・オプションSchool

先物・オプション取引をweb上でわかりやすく説明しております。

取引の種類

コールの買い 満期(SQ)日に権利行使価格で日経平均株価を買う権利(コール)買う取引
プットの買い 満期(SQ)日に権利行使価格で日経平均株価を売る権利(プット)買う取引
コールの売り 満期(SQ)日に権利行使価格で日経平均株価を買う権利(コール)売る取引
プットの売り 満期(SQ)日に権利行使価格で日経平均株価を売る権利(プット)売る取引
※オプションの組み合わせによる取引
ストラドルの買い 同一限月・同一権利行使価格のコールの買いプットの買い同数を組み合わせる取引
ストラドルの売り 同一限月・同一権利行使価格のコールの売りプットの売り同数を組み合わせる取引

損益分岐点

満期(SQ)日にSQ値がいくらになるかが損益の決め手となります(手数料は考慮しておりません)。
損益分岐点の計算例は各取引の詳細より取引例をご参照ください。

コールの取引:損益分岐点=権利行使価格+プレミアム
プットの取引:損益分岐点=権利行使価格-プレミアム

日経225オプション取引に必要な資金

※SPAN証拠金はこちらからご確認ください。
オプションの買い プレミアムの価格×1,000倍+手数料が預り金に必要
オプションの売り SPAN証拠金×1.2−ネットオプション価値総額(万未満切り上げ)が証拠金に必要

日経225オプション取引の考え方

日経225オプション取引は対象となる日経平均株価が将来どのような値動きをしても利益をあげるチャンスがあります。
将来値上がりあるいは値下がりを予想するか、大きく変動するかあるいは小さく変動するかによって取引の方法が決定されます。

日経225オプション取引のイメージ図

例1)SQ値が権利行使価格より上がっており、その変動幅が大きいと予測する場合
コールの買いもしくはストラドルの買い
例2)SQ値が権利行使価格より下がっているが、その変動幅はあまり大きくないと予測する場合
コールの売りもしくはストラドルの売り
例3)SQ値が上がるか下がるかわからないが、権利行使価格からその変動幅は大きいと予測する場合
ストラドルの買い option ※イメージ図はあくまで参考です。
ページトップへ