取引例 日経225先物取引

上げ相場でも下げ相場でも収益チャンス

将来値上がりを予想する場合

将来投資対象の値上がりを予想する場合は、買い建て(買建玉を持つ)を行います。予想通り変動すれば買建玉を反対売買(転売)することにより決済して利益とすることが出来ます。予想に反し値下がりした場合、損失が発生します。

将来値下がりを予想する場合

将来投資対象の値下がりを予想する場合は、売り建て(売建玉を持つ)を行います。予想通り変動すれば売建玉を反対売買(買戻し)することにより決済して利益とすることが出来ます。予想に反し値上がりした場合、損失が発生します。

決済方法

日経225先物取引(日経225mini取引)の決済方法は反対売買(転売・買戻し)とSQ決済の2通りがあります。

反対売買

始めに行った取引と反対の取引、すなわち買い建てた(買建玉を持つ)場合は売る(転売)ことにより、売り建てた(売建玉を持つ)場合は買う(買戻し)ことにより建玉を決済する方法になります。

取引例

1)日経225miniを17,000円で1枚買い建てた場合
取引金額:17,000×100=1,700,000円
→日経225miniの価格が17,250円に上昇したので転売

利益=(転売した価格−買い建てた価格)×取引単位×数量
=(17,250−17,000)×100×1=25,000円
→この結果、25,000円の利益になります。(手数料・税金等は考慮しておりません)

2)日経225miniを17,000円で1枚売り建てた場合
取引金額:17,000×100=1,700,000円
→日経225miniの価格が17,250円に上昇した時に買い戻し

利益=(売り建てた価格−買い戻した価格)×取引単位×数量
=(17,000−17,250)×100×1=−25,000円
→この結果、25,000円の損失になります。(手数料・税金等は考慮しておりません)

SQ決済

取引最終日までに反対売買(転売・買戻し)による決済をしなかった場合、満期日にSQ値によって自動的に行われる決済の方法となります。

SQとはスペシャル・クォーテーションの略で最終清算指数とも言います。満期日の日経平均株価構成銘柄の始値に基づいて算出され、その日の大引け後に大阪証券取引所から公表されます。日経平均株価は構成銘柄の気配値も含めて算出されるため、当日のSQ値とは必ずしも一致しません。

取引例

1)日経225miniを17,000円で1枚買い建てた場合
取引金額:17,000×100=1,700,000円
→満期日まで決済せずSQ値が17,200円

利益=(SQ値−買い建てた価格)×取引単位×数量
=(17,200−17,000)×100×1=20,000円
→この結果、20,000円の利益になります。(手数料・税金等は考慮しておりません)

2)日経225miniを17,000円で1枚売り建てた場合
取引金額:17,000×100=1,700,000円
→満期日まで決済せずSQ値が17,200円

利益=(売り建てた価格−SQ値)×取引単位×数量
=(17,000−17,200)×100×1=−20,000円
→この結果、20,000円の損失になります。(手数料・税金等は考慮しておりません)

 

ページトップへ