不公正取引について

不公正取引とは

不公正取引とは証券市場において法令で禁止されている、インサイダー取引や相場操縦行為などといった公正な取引を阻害する行為の総称です。

ゆたか証券では違法行為や不公正取引等の有無について日々のお取引やご注文を調査させていただいております。また、金融商品取引所や証券取引等監視委員会などからの依頼に基づく調査も随時実施しております。
調査にあたっては、お客様には聞き取り調査等ご協力いただく場合もございますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ゆたか証券は管理体制を充実させ金融商品市場の公正な価格形成等を図ることよって、投資者の保護、公正な市場の維持に貢献して参ります。

不公正取引

金融商品取引法では不公正取引を以下のように定義し、包括的に規制しております。

  • 不正の手段、計画又は技巧をなすこと。 有価証券取引で社会通念上不正と認められる一切の手段を指します。
  • 重要な事項について虚偽の表示があり、又は誤解を生じさせないために必要な重要な事実の表示が欠けている文書その他の表示を使用して誤解させ、金銭その他の財産を取得すること。
  • 取引誘引目的をもって、虚偽の相場を利用すること。相場操縦等がこれにあたります。

相場操縦

相場操縦とは市場において相場を意識的・人為的に変動させ、その相場があたかも自然の需給によって形成されたものであるかのように他人に誤解させることによって、その相場の変動を利用して自己の利益を図ろうとする行為をいいます。

  1. 仮装売買
    仮装売買とは特定の株式等の売買状況に関し、第三者に誤解を生じさせる目的をもって、同一人物が、同時期に、同価格で、売りと買いの注文を行う権利の移転を目的としない取引をいいます。
  2. 馴合売買
    馴合売買とは特定の株式等の売買状況に関し、第三者に誤解を生じさせる目的をもって、売主と買主が通謀して、同時期に、同価格で、売りと買いの注文を行う取引をいいます。
  3. 見せ玉(見せ板)
    見せ玉とは約定の意図なく特定の株式等の売買状況に関し、大量の注文を頻繁に発注・取消・訂正を繰り返し相場の動きを誤解させるような行為をいいます。
    • 売付け(買付け)注文が約定した直後に、すべての買付け(売付け)注文を取り消しているような場合
    • 指値の価格帯や発注の数量などが、買い板(売り板)を厚く見せかけ、他の投資家からの買付け(売付け)を誘い込む効果を有するものとなっている場合
    • 行為者の通常の取引規模からして、過大な量の発注を行っている場合
  4. 終値関与
    終値関与とは特定の株式等の終値を高く又は安くする事を目的とし、立会終了間際の発注が反復して行われたうえ、直近の値段よりも高い又は安い値段で終値を形成させるような取引をいいます。
  5. 株価固定
    株価固定とは特定の株式等の価格を意図する価格に固定する事を目的とし、一定の株価で値上がりも値下がりもしないように調整する意図が見受けられる取引をいいます。
  6. 買い上がり・売り下がり
    買い上がり・売り下がりとは特定の株式等の価格を高く又は安くする事を目的とし、あたかも相場が上昇又は下降していると第三者を誤認させたり、 第三者の取引を誘因した取引をいいます。
    同行為は第三者に対してのみならず、自己が保有する有価証券を優位に取引することを目的とする事も含まれます。
  7. 市場関与
    市場関与とは特定の銘柄について、反復して売注文(買注文)の大部分を買付け(売付け)るような取引をいいます。
  8. 高(安)値形成
    高(安)値形成とは特定の株式等の価格を高(安)くする事を目的とし、当日の高(安)値付近での約定を反復したり、高(安)値付近での約定後にすかさず追随する買(売)付けを繰り返すような取引をいいます。

作為的相場形成

作為的相場形成とは他人の取引を誘引する目的がなくとも、取引の状況からみて実勢を反映しない相場を作為的に形成したものと客観的に認められる取引をいいます。

  • 決算期末に自己が保有している有価証券の評価を上げる為に株価を引き上げる取引。
  • 自己が保有している有価証券を高値で売り抜ける為、対象銘柄の株価を引き上げる取引。
  • 信用取引における自己が管理する建玉を優位に返済する為、対象銘柄を引き上げる又は引き下げる取引。
  • 信用取引の維持率を維持する為に代用有価証券(担保差入れ対象銘柄)の終値を引き上げる取引。
  • 他社償還条項付債(EB)の判定条件を満たす又は満たさないよう対象銘柄の株価を引き上げ又は引き下げる取引。

仮名・借名取引

仮名取引とは架空の名義や他人の名義などを使用し、お客さまの素性を隠して行う取引をいい、借名取引とは家族や友人など本人以外の名義を借り、名義人になりすまして行う取引をいいます。
このような取引は、脱税やマネー・ロンダリングといった行為や相場操縦といった不公正取引に利用される可能性があるため、法令諸規則等により委託及び受託を禁止されています。

内部者取引(インサイダー取引)

内部者取引(インサイダー取引)とは発行会社やその関連会社の内部者情報に接する立場にある会社役員等が、その特別な立場を利用して発行会社の重要な内部情報を知り、情報が公表される前に当該発行会社の株式等を売買することを言います。
このような取引が行われると、一般の投資家との不公平が生じ、証券市場の公正性・健全性が損なわれるおそれがあるため、法令諸規則等により委託及び受託を禁止されています。
ゆたか証券では、内部者取引を予防するため発行会社の特別な立場に当たるお客様には内部者登録をお願いしております。

J-IRISSによるご登録情報の照合について

J-IRISS(ジェイ・アイリス:Japan-Insider Registration & Identification Support System)とは、不公正取引等の防止及び市場の透明性・公正性の維持の観点から、日本証券業協会が構築するシステムで、本システムには上場会社等の役員の情報等が登録されています。

証券会社には、J-IRISSの登録情報と、お客様の登録情報の定期的な照合が義務付けられており、当社においても適宜実施いたしております。
照合の結果によっては、ご登録情報の確認をさせていただく場合がございます。

役員又は主要株主の売買報告書

上場会社等の役員及び主要株主が当該上場会社等の特定有価証券等の売買を、金融商品取引業者に委託等をして行った場合は、その売買等に関する「役員又は主要株主の売買報告書」について、売買のあった日の属する月の翌月15日までに取扱金融商品取引業者を経由して、内閣総理大臣に提出しなければなりません。

当社に上場会社等の役員又は主要株主として内部者登録をされているお客様の場合、該当する特定有価証券等の売買を行った際、当社から「役員又は主要株主の売買報告書」に関する手続きをご案内させていただいております。

ページトップへ