ファイナンシャルプランナーによる資産運用アドバイス

お客様の生活を豊かにする「生涯生活設計のアドバイザー」

例えば、お客様が今後10年、20年の生活設計を考える場合。収入や支出のバランスはもちろん、貯蓄や保険、年金、はたまた生活スタイルなど、実に多くの項目を総合的に判断してライフプランを作成しなければなりません。ライフプランを作ることは、非常に難しいことです。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お金に関する幅広い専門知識をもち、総合的な見地から、的確なマネープランニングを提案できるプロフェッショナルのことをいいます。

ファイナンシャルプランナーの知識は、金融商品から株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなど多岐にわたります。高度な知識が必要であり、そのため日本ではファイナンシャルプランナーの数はまだまだ多くはありません。

ゆたか証券がファイナンシャルプランナーにこだわる理由

ゆたか証券の営業スタッフの多くは、ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、お客様にさまざまなアドバイスを差し上げています。

お客様に、安心して株式や投資信託といった金融商品を購入してただくためには、お客様の総合的な資産運用のプランが不可欠です。金融商品、不動産、年金、相続など、今までバラバラだったものを有機的に結びつけてこそ、株式投資も価値があるのです。

ゆたか証券がファイナンシャルプランナーにこだわる理由は、お客様の視線にたった、お客様主導の資産運用を目指しているからなのです。

今後、いわゆる「団塊の世代」が大量定年を迎えます。老後の確かな資産運用のためにも、ファイナンシャルプランナーによるアドバイスの重要性が高まっています。私たちゆたか証券は、そのトップランナーという自負があります。

ページトップへ