信用取引の決済方法

信用取引の決済方法は、「買い」と「売り」とで異なります。「買い」(「買い建て」)の場合は「売り返済」「現引き」、「売り」(「売り建て」)の場合は「買い返済」「現渡し」があり、売買それぞれ2種類ずつ合計4種類の決済方法があることになります。

「買い建て」の決済方法

売り返済

頃合いを見て市場で株を売ります。売却代金から借入金などを金融商品取引業者などに返済します。手数料・金利などコストを引いた分が利益になります。ただし、売却代金が借入金などより少なければ、不足分を支払わなければなりません。

現引き

買い建てるために借り入れたお金を返済し、買い建てた株券を引き取る方法です。これは、株価が買い建て時より下がっていても、いずれ上昇するであろうと期待して損失覚悟で待ち続けるような場合に取る方法です。

「売り建て」の決済方法

買い返済

「売り建て」を決済する場合、前に売ったものと同じ銘柄を市場で買い付けて、その株券を返済する方法です。買付代金が売り建て時の代金より、少なければ利益、多ければ損失となります。

現渡し

投資家が別に保有している同一銘柄か、市場でこの取引とは別に買い入れた同一銘柄の株券を金融商品取引業者に渡して返済する方法です。これは、この銘柄の株価が上がった場合などに取る方法です。

ページトップへ