信用取引でよく使う言葉

買い建て

金融商品取引業者などからお金を借りてきて信用取引で株を買うことです。株価が上昇すると利益が出ます。「空買い」ともいいます。

売り建て

金融商品取引業者などから株券を借りてきて信用取引で売ることです。株価が下がると利益が出ます。「空売り」ともいいます。

建て玉(たてぎょく)

信用取引において約定した状態で、決済を行っていないものをいいます(現物取引とは異なり、保有とは言いません)。買いの場合は「買い建て玉」、売りの場合は「売り建て玉」といいます。

最低保証金

信用取引を始めるにあたっての最低必要な担保金のことです。現金以外に現物株式などでも代用できます。

保証金率

約定金額(取引成立の金額)に対しての保証金の割合のことです。

保証金維持率

約定金額に対して最低維持しなければならない保証金率です。

追い証(おいしょう)

保証金維持率を割り込んだとき、保証金率の回復のために、金融商品取引業者に差し入れなければならないお金や株券などのことです。

制度信用取引

決済期限、買い建て時の融資金利、売り建て時の貸株料などが金融商品取引所の規則で定められているもの。ふつう信用取引と呼ばれるものは、この「制度信用取引」です。

一般信用取引

決済期限、買い建て時の融資金利、売り建て時の貸株料などを金融商品取引業者と投資家の間で決めることができるもの。決済期限を設けない「無期限信用取引」という形で、ネット証券を中心に利用が広がってきました。

貸借銘柄

制度信用取引において、買い建てと売り建ての両方できる銘柄をいいます。

信用銘柄

制度信用取引において、買い建てしかできない銘柄をいいます。

日証金

日本証券金融の略です。金融商品取引業者の貸借取引に対して、資金や株券を貸す金融機関のことです。

逆日歩(ぎゃくひぶ)

信用取引で売りが大幅に増え、株券が不足したとき、株券を調達するためのコスト。売り方が買い方に支払います。

ページトップへ