信用取引のメリット・デメリット

少ない資金で大きな取引。株の下落時でも利益を出せる。

信用取引とは、金融商品取引業者などからお金を借りて株式を買う(買い建て)、株券を借りて売りから始める(売りたて)取引のことです。

「買い建て」の場合の最大のメリットは、手持ち資金の何倍もの取引(概ね3倍程度)が可能になることです。買い建てた株式が値上がりしたら、現物取引以上の利益が得られます。

これに対して、株価が下がると予想したら、「売り建て」をすることもあります。予想通り株価が値下がりしたら、市場で買い戻し、利益を得ることができます。

つまり、ふつう損が発生する株価の下落局面でも利益を出すことが可能になります。
また、信用売りは、使い方しだいで保有する現物株の値下がり損を回避できる(リスクヘッジ)ことも大きなメリットといえます。

信用取引のメリット

  • 少ない資金で大きな取引ができる
  • 株価の下落局面でも利益が上げられる
  • 保有株の値下がり損を回避できる(リスクヘッジ)

リスクも大きいので慎重に

信用取引は少ない資金で多額の取引ができることが特徴ですので、大きな利益が期待できる半面、リスクもその分大きくなります。

買い建て(売り建て)をした場合、株価が予想に反して下落(上昇)すると、含み損が発生します。

買い方の含み損は、買付金額以上にはなりませんが、売り方は、株価が上昇しつづけると、決済しない限り、売り方の損失は拡大しつづけます。

含み損分は保証金から差し引かれます。損失が大きくなり保証金維持率を割り込むことになれば、保証金率まで回復させるために、金融商品取引業者に追加のお金(株券)を差し入れなければなりません。これを「追い証」といいます。

すべての銘柄が信用取引できるわけではありません

制度信用取引(ふつう信用取引というのは、この「制度信用取引」のことです)では、すべての銘柄で信用取引できるわけではありません。金融商品取引所により、信用取引できる銘柄が決められています。信用取引ができる銘柄には次の2通りがあります。

  1. 「貸借銘柄」=買い建てと売り建ての両方できる銘柄。日本経済新聞株式欄では銘柄名の前に「・」がついています。
  2. 「信用銘柄」=買い建てしかできない銘柄

両者の違いは発行済み株式数や株主数です。発行済み株式数・株主数が少ない銘柄が、買い建てのみの信用銘柄になります。逆に、発行済み株式数・株主数が多いものが、貸借銘柄となります。

ページトップへ